皐月賞の当たる予想を無料でGET メアド登録で買い目を受け取る

オーシャンS2024予想|過去傾向・展開・激推し穴馬・買い目公開

オーシャンステークス2024予想
ジナケイバ公式ライン
この記事をざっくり言うと…
  • オーシャンステークス(オーシャンS)2024の予想を様々な角度(過去傾向・展開)から分析
  • 昨年、追い切り評価1位の回収率100%超えの筆者が激推し穴馬と買い目を公開
  • 当記事を見ればオーシャンステークス2024の予想が網羅できる

こんにちは、ジナケイバのイノウエです。

今回はオーシャンステークス2024を徹底分析し、予想します。

  • オーシャンステークスってどんなレース?過去傾向は?
  • 調子が良いのはどの馬?
  • 激走が期待できる穴馬&危険な人気馬が知りたい!

そんな人は、ぜひこの記事読んでいただき、馬券検討の参考にしてください!

【激推し穴馬】が絶好調!!!
小倉大賞典 セルバーグ(10人気18.8倍)⇒3着!
中山記念  マテンロウスカイ(7人気16.1倍)⇒1着!
阪急杯   サンライズロナウド(9人気24.7倍)⇒3着!

▼今週の予想・追い切り記事はこちら
関連:アーリントンカップ追い切りタイムと評価
関連アーリントンカップ予想と買い目
関連皐月賞追い切りタイムと評価
関連皐月賞予想と買い目

\ 当たる買い目がもらえる/

目次

オーシャンステークス2024|概要

2024年3/2(土) 2回中山3日 11R 
夕刊フジオーシャンS(GⅢ) 4歳上オープン(国際)(別定)
芝右1200m(Aコース)

まずはオーシャンステークス2024がどんなレースなのか、以下の3つを紹介します。

  • コース解説
  • 出走馬
  • 過去のレース動画

中山競馬場芝1200mコース解説

中山競馬場芝1200mコース図

中山芝コースは内回り・外回りが設定されていますが、芝1200mは外回りコースを使用します。楕円形の他コースとは異なり、外回りコースは三角形になっており、その頂点付近である2コーナーの終わりがスタート地点です。

3コーナーはほとんど屈曲しておらず、4コーナーまではゆったりとカーブしていきます。スタートから4コーナーまで、約4.4mの下り勾配なので、テンが早くなりやすい。4コーナーはコンパクトで小回り適性が求められます。

最後の直線は310mとローカル競馬場並みに短く、残り180mから70mまで2.2mの急坂が待ち受けているので、パワーがない馬は止まってしまいます。

内枠有利/逃げ有利

中山競馬場芝1200mの特徴や過去傾向、攻略方法の詳しい解説はこちら
関連中山競馬場芝1200mの特徴と傾向まとめ|攻略方法も一挙公開

出馬表

枠順馬名馬齢
脚質
斤量
騎手
1バースクライ牝4
【・先差・】
55.0
岩田望
2ヨシノイースター牡6
【・先差・】
57.0
丸山
3ショウナンハクラク牡5
【・・差・】
57.0
戸崎
4グレイトゲイナー牡7
【・先差・】
57.0
三浦
5マテンロウオリオン牡5
【・・差追】
57.0
津村
6ボンボヤージ牝7
【・・差追】
55.0
川須
7ジュビリーヘッド牡7
【・先差・】
57.0
横山和
8バルサムノート牡4
【・先・・】
57.0
キング
9シュバルツカイザーセ6
【・先差・】
57.0
大野
10ビッグシーザー牡4
【・先差・】
57.0
坂井
11キミワクイーン牝5
【・先差・】
55.0
M.デムーロ
12カイザーメランジェ牡9
【・先差追】
57.0
吉田豊
13ダディーズビビッド牡6
【・先差・】
57.0
浜中
14オタルエバー牡5
【逃先差・】
57.0
石川
15トウシンマカオ牡5
【・先差・】
57.0
横山武
16シナモンスティック牝5
【・先・・】
55.0
松岡

過去のレース結果(動画)

皐月賞の買い目を無料提供
先週は桜花賞・阪神牝馬S的中
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
無料情報の実績
-桜花賞-
三連複9点500円 32.6倍
【獲得額】16,300円【回収率】362%
-阪神牝馬S-
三連複9点500円 22.2倍
【獲得額】11,100円【回収率】247%
━━━━━━━━━━━━━━
重賞戦線でコンスントに勝つ無料情報です。
クラシック戦線もここの無料情報に乗りましょう!
→皐月賞・無料予想
三連複10点前後が基本の買い目で、穴馬絡んで高配当もあります!


\ 当たる買い目がもらえる/

オーシャンステークス2024|過去10年間レース傾向・データ分析

ここからは、オーシャンステークス過去10年の傾向と、重要データを紹介します。

枠順別

枠順着順複勝率
1枠2-3-1-1331.8
2枠0-2-2-1620.0
3枠0-0-1-195.0
4枠3-0-1-1620.0
5枠2-1-1-1620.0
6枠2-2-0-1620.0
7枠1-1-2-1620.0
8枠0-1-2-1715.0

4.5.6枠が、過去10年で7勝と優勢。しかし、複勝率なら、1枠がアタマ一つ抜けています。開幕2週目でまだ内がキレイ
なので、道中インをロスなく回れるからでしょう。

一方で、8枠は比較的成績が悪いので、多少割引が必要になります。

脚質別

脚質着順複勝率
逃げ1-2-2-550.0
先行6-4-1-2728.9
差し3-3-5-5018.0
追込0-1-2-476.0

圧倒的に逃げ、先行馬が優勢です。開幕して間もない中山競馬場は、内前が止まらないと言う証拠でしょう。位置を取れない馬は、大幅な割引が必要です。

人気別

人気着順複勝率
1番人気3-2-1-460.0
2番人気2-2-1-550.0
3番人気1-2-0-730.0
4番人気0-2-2-640.0
5番人気1-0-2-730.0

1.2番人気が複勝率50%を超えているものの、絶対的な安定感はありません。人気になっていても、まずは疑ってかかるくらいが良いでしょう。

過去5年間の3連単配当

開催年3連単配当
2023年580,400円
2022年38,290円
2021年168,680円
2020年1,990円
2019年10,140円

1万円を切る固い決着から、50万円を超える高配当までさまざま。レース自体の傾向はあまりなく、出走メンバーから推測した方が良さそうです。

前走レース

レース名着順複勝率
シルクロードS3-2-2-3118.4
ラピスラズリS2-0-0-1016.7
カーバンクルS1-2-1-1225.0
スプリンターズS1-1-2-180.0
香港スプリント1-0-1-250.0

スプリンターズS組が好成績ですが、今年は該当馬なし。掴みどころがあまりなく、前走1200mであれば、どのレースだったかはあまり気にしなくてよさそうです。

東西別

東西着順複勝率
関東馬4-6-5-5621.1
関西馬6-4-5-6718.3

関東馬、関西馬ともにほぼ互角の成績。所属による偏りはありません。

重要データ①:馬体重が明暗を分けそう

過去10年の前走の馬体重別成績を見ると、510キログラム以上だった馬は3着内率が45.2%に達している。一方、460キログラム未満だった馬は全て4着以下に敗れている。馬格のある馬ほど信頼できるレースと言えそうだ。

JRAデータ分析

前走時馬体重460㎏未満
キミワクイーン

重要データ②:前年以降の勝ち鞍がポイント

過去7年の3着以内馬延べ21頭中19頭は、“前年以降のJRAの3勝クラス以上、かつ今回と同じ距離のレース”において1着となった経験がある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率4.3%と苦戦している。しばらく勝てていない馬はもちろん、2023年以降に1200メートル戦以外のレースでしか勝てていない馬も、疑ってかかるべきだろう。

JRAデータ分析

前年以降のJRAの3勝クラス以上、かつ今回と同じ距離のレース”において1着の経験無し
ダディーズビビット

重要データ③:近年は7歳以上の馬が不振

過去7年のオーシャンSにおける年齢別成績を見ると、最も3着内率が高いのは5歳馬だった。一方、7歳馬は3着内率が13.3%にとどまっているうえ、8歳以上の馬は全て4着以下に敗れている。2016年以前は7歳以上の馬もそれなりに活躍していたが、近年の傾向を重くみるならば、7歳以上の馬は割り引きが必要だ。

JRAデータ分析

7歳以上
カイザーメランジェ
グレイトゲイナー
サンライズオネスト
ジュビリーヘッド
ボンボヤージ

オーシャンステークス2024|追い切り評価トップ3

出走馬の追い切りタイムは下記記事でご確認ください
関連:【オーシャンステークス2024】追い切りタイム・調教総まとめ

3位:シナモンスティック

1週間前追い切り(2/21・水)
美浦 D
6F 86.3-70.8-55.6-39.7-25.1-11.9

最終追い切り(2/28・水)
美浦 W 良
6F 83.4-67.2-52.5-37.9-11.7

中間はコースと坂路でしっかりと調教を積まれています。高評価ポイントは、休み明けだった前走からの上積みを感じたこと。2週前、最終追い切りで全体時計を詰めていますし、映像では追われてから反応良くギアチェンジしていました。しっかりとケイコを積み、時計、内容ともに優秀です。力を出せる状態にあるでしょう

2位:オタルエバー

1週間前追い切り(2/21・水)
栗東 坂路
4F 51.7-37.7-24.6-12.4

最終追い切り(2/28・水)
栗東 坂路 良
800m 51.5-37.3-24.3-12.5

中間はしっかりと負荷がかけられており、順調に調教を積めています。前走の最終追い切りは、栗東坂路で800m49.7秒とかなりの好タイム。16着と大敗でしたが、結果的に最終追い切りで時計を出しすぎたのかもしれません。今回は連勝中と同じくらい
力強く、なおかつリズム良く坂を駆け上がりました。前走時との比較で、ほどよい気合い乗りで動きが軽やかに見えたので高評価とします。

1位:ビッグシーザー

1週間前追い切り(2/21・水)
栗東 坂路
4F 51.7-37.1-24.2-12.2

最終追い切り(2/28・水)
栗東 坂路 良
800m 50.9-36.5-24.0-12.2

中間は坂路とコースでしっかりと調教が積まれています。以前から調教の動きが良いタイプではあるものの、今回も抜群の動き。映像のあった最終追い切りでは、終始集中して走れていましたし、軸のしっかりした安定感のあるフォームで力強く登坂。促されるとしっかりと反応できていました。十分に力を出せる状態にありそうですし、2走前の映像と比較して、たくましくなった印象で成長を感じ、高評価としました。

オーシャンステークス2024|展開予想

予想ペース:ハイペース

位置馬番
逃げ④⑯
先行①②⑩
中団③⑦⑧⑨⑪⑬⑭⑮
後方⑤⑥⑫

逃げ候補はグレイトゲイナーシナモンスティックですが、枠順確定で明暗が分かれましたね。2枠4番と、好枠を引いたグレイトゲイナーが出たなりでハナに立ち、逃げるでしょう。大外枠に入ったシナモンスティックは、よほどロケットスタートでも決めない限り厳しいのでは。いずれにせよ、どちらがハナを切ったとしても緩いペースにはならないと考えます。前半3F33秒台前半のハイペースとなるでしょう。

ただ、流れても先行勢が崩れるとは考えづらい。先週の中山記念も前に行った馬のワンツーだったし、開幕2週目で内前有利なトラックバイアスは生きていると考えられます。そのため、スタート良く前につけ、内をロスなく回れた先行馬に展開が向くと予想。外を回した馬や、後方から追い込むタイプは割引が必要でしょう。

オーシャンステークス2024|有力馬

トウシンマカオ【牡5・菅原明】

通算成績5ー1ー2ー7
ビッグアーサー
母(母父)ユキノマーメイド(スペシャルウィーク)

ここまで重賞2勝と今回のメンバーで実績はナンバーワン。2022年の京阪杯で重賞初勝利し、その後の活躍を期待されたものの、噛み合わずなかなか結果が出ない。しかし前走、京阪杯を連覇し、1年ぶりの勝利をあげ復活を果たしました。次走シルクロードSでアグリを完封したルガルに、2馬身差をつける勝利したことからも、スピードは間違いなくトップクラス。前走もそうだったように、外からスムーズに運べた時に爆発的な脚を使えるので、外枠が欲しいところ。

ビッグシーザー【牡4・坂井】

通算成績5ー1ー2ー3
ビッグアーサー
母(母父)アンナペレンナ(tale of Ekati)

トウシンマカオと同じビッグアーサー産駒。2歳秋から3歳春まで4連勝し、昨年秋のセントウルSで1番人気に推されるなど、3歳時から期待されていました。しかし、古馬の壁に阻まれ、なかなか結果が出ませんでした。そこから少しずつ階段を上がり、明けて4歳となった前走リステッド淀短距離特別で見事勝利。番手から上がり3位の脚を使い押し切る強い内容でした。今回も手綱を取る坂井騎手が、前走レース後「返し馬から前走より明らかに良くなっていると感じました」とコメントしたように、4歳になり本格化した可能性があり、これまでの敗戦は参考外で良さそう。明らかに相手強化となる今回は、まさに試金石の一戦となるでしょう。

キミワクイーン【牝5・M.デムーロ】

通算成績5-2-0-7
ロードカナロア
母(母父)チェリーペトルズ(ダイワメジャー)

昨年夏の函館SSで、これまでの先行策から一変、控える競馬で差し切り重賞制覇を成し遂げました。抜群のキレ味からその後の活躍を期待されるも、相手強化で思うような結果が出ていません。前走11着に大敗したレース後、横山武史騎手は「この馬は毎回能力を出し切ってくれますが、馬場が掘れているのは得意ではありません。それでもよく頑張っていると思います」とコメント。洋芝や重馬場では結果を出したものの、荒れた馬場は合わなかったようです。それに加え、返し馬は良かったものの、輸送で身体を減らした分、悪影響があったかもしれません。今回は輸送リスクのほぼない中山競馬場でのレース。復活の好走に期待がかかります。

皐月賞3年連続??
的中なるか?!!
3年間検証無料情報
皐月賞は連チャン中!
──────────────────AD
無料公開予想
皐月賞2023 3連複16点300円
4,800→11,310円 236%回収 2→5→1人気
皐月賞2022 3連複13点400円
5,200→16,760円 322%回収 5→3→1人気
──────────────────

──────────────────
去年タスティエーラ
一昨年ジオグリフ
切った方必見かもです!
皐月賞2024予想
↑からメール登録し
前夜予想必ず確認してください
無料なのでご安心を!!

\ 勝ってる人は情報量と質が違う!当たる買い目はこちら/

オーシャンステークス2024|激推し穴馬

激推し穴馬①:4グレイトゲイナー(想定8番人気)

激推しポイント①:好枠に入った

恐らく逃げるであろう同馬にとって、2枠4番はスタートさえ決めれば位置を取れる絶好の枠といえます。加えて、他の逃げ候補だったシナモンスティックが大外枠に入ったのも好都合。楽にハナを奪い、マイペースに持ち込める可能性が高い、理想的な枠順となりました。

激推しポイント②:前走を評価

前走カーバンクルSは2着に敗れていますが、勝ちに等しい内容でした。1枠1番からハナを奪い、逃げの手。絡んでくる馬がおり、前半3F33.1秒と早い流れで息の入らない先行馬には厳しい展開。最後こそ差し馬の強襲にあったものの、しぶとく残して2着に好走しました。展開が向かない中、差のない2着に残したのは勝ちに等しい内容だったと思います。前回と同じかもっと楽なペースになり、内前が止まらないトラックバイアスが味方すれば、重賞のここでの好走があってもなんら不思議ではありません。

オーシャンステークス2024|危険な人気馬

危険な人気馬①:9シュバルツカイザー(想定3番人気)

危険ポイント①:前走は展開が向いての勝利

前走カーバンクルSは、ペースが速く先行勢が苦しい展開を、外から流れに乗って差しきりアタマ差の勝利。良い脚を使ったのは事実ですが、厳しいペースを逃げたグレイトゲイナーとの着差を考えれば、物足りない結果ではないでしょうか。【展開予想】でお話ししたとおり、今回は先行馬に展開が向くと予想。控えていい脚を使う同馬には厳しいレースになると思っています。

危険ポイント②:ピンかパーかのタイプ

これまでの【6-2-0-11】という競争成績が物語るとおり『1着か着外か』というタイプ。ストライクゾーンが狭いものの、ハマれば強い馬っていますよね。これは私の持論ですが、そういった馬は『人気薄なら買い、上位人気なら軽視』が良い付き合い方だと考えています。そして今回は後者。人気を集めているのでハマらないほうに賭けました

オーシャンステークス2024|予想印発表

◎:4グレイトゲイナー

オーシャンステークス2024の本命は、グレイトゲイナーにしました。

詳しい理由は【激推し穴馬】でお伝えしたとおりです。まず、今回トウシンマカオを除けば、展開次第で着順がガラッと変わるメンバー構成だと思います。そんな中、開幕2週目で、まだ内前有利のトラックバイアスが残っているほうにヤマを張った結果、グレイトゲイナーを高く評価しました。7歳という年齢もあってかあまり人気にならないですが、特に近走は人気以上に走っています。重賞とはいえ、2走前の京阪杯より相手は明らかに楽。馬券内になる可能性は十分にあるのにこのオッズ。楽しみしかないですね。

◯:15トウシンマカオ

この馬が登録していると知ってから、枠順が決まるのがとても楽しみでした。内枠に入ったら切ろうと思っていたからです。結果、外枠でした。絶対に切れません。本命級の対抗です。

これまでのレースを見ればわかるとおり、道中揉まれずに運べれば、ラストえげつない脚を使います。前走の京阪杯が良い例ですね。後にシルクロードSで強い勝ち方をするルガルを子ども扱いだから恐ろしい。反面、道中が窮屈だと全く良さが出ません。1枠1番で勝ち切れなかった函館SSが良い例です。

展開的には8枠から外を回す差し馬は大幅な割引が必要だと考えますが、割引してもマカオは対抗。休み明けで7割仕上げでも、このメンバーならマカオは対抗。菅原騎手が盲腸で急な乗り替わりでも、横山武史騎手ならマカオは対抗。荒れそうなレースで妙味がない分、本命にはしませんでした。マカオは対抗なんです

▲:1バースクライ

まさに願ってもない絶好枠ですね。内でじっくり脚を溜め、直線で進路が開くと抜群の反応でピュンと抜けてくる瞬発力が持ち味の同馬にとって、内前有利な開幕2週目の1枠は絶好枠です。持ち時計も優秀。高速決着は大歓迎でしょう。

ポイントは力関係ですね。前走、馬場が合わなかったとはいえ、ちょっと負けすぎ。とはいえ、今回のほうが相手は楽。上手くハマればアタマもあるかもと思っています。

△:10ビッグシーザー

ある意味、一番楽しみな一頭です。2走前、京阪杯で5着に敗れはしたものの、やっと本格化してきたかなと思いました。そして前走、先行から押し切る強い内容で古馬を撃破。本格化は間違いないと確信する強い内容でした。

しかし、私と同じようにみなさんが期待するのは分かりますが、2番人気5.1倍は売れすぎ。確かに近2走の内容からここで勝ち負けは十分あるでしょうが、売れすぎです。競馬ファンとして活躍に期待しますが、試金石の一戦でこのオッズだと、重い印は打ちにくいですね。

オーシャンステークス2024|買い目公開

買い目はレース当日12時までに更新します

3連複フォーメーション

1頭目 4

2頭目 1.10.15

3頭目 1.2.3.4.8.10.11.13.14.15

計21点

馬連流し

軸馬 4

相手 1.10.15

計3点

単勝

4

オーシャンステークス2024に関するよくある質問

オーシャンステークスの芸能人(有名人)予想が知りたいです。

芸能人予想は下記記事群で紹介しています。

これもう見た?芸能人競馬予想一覧

オーシャンステークスのオッズが知りたいです。

リアルタイムオッズはJRA公式サイトで確認できます。

オーシャンステークスは何時発走ですか?

発走時間は15:45です。

オーシャンステークスが買えるおすすめブックメーカーはありますか?

これもう見た?おすすめブックメーカーまとめ

オーシャンステークス2024|予想まとめ

今回はオーシャンステークス2024を徹底分析し、予想しました。

予想印でもお話ししましたが、ビッグシーザーがどんな競馬を見せてくれるか本当に楽しみです。関係者が声を揃えて良い馬と評する同馬。一方で、まだ緩さを残しており、なかなか結果が出ていませんでしたが、ダッシュがつくようになって、かなり安定してきました。ここを良い内容で勝つようなら、本番でも思い切った評価をしたいなと考えています。

それでは、みなさんに爆益あれ!

\ 勝ってる人は情報量と質が違う!当たる買い目はこちら/

ジナケイバ公式ライン
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

競馬歴17年
9歳の時ダビスタ3で競馬を知った
オルフェーヴルのような男に憧れている

コメント

コメントする

目次