フェブラリーSの当たる予想を無料でGET LINE登録で買い目を受け取る

マイネルグロンがジナケイバの「2023 Best Hurdle Racehorse」にてグランプリを受賞

ジナケイバ公式ライン

競馬メディア「JINAKEBA(ジナケイバ)」は12月27日、2023年を代表する競走馬に贈られる賞「2023 Best Hurdle Racehorse(2023年ベスト障害馬)」にて「マイネルグロン」がグランプリを受賞したことを発表した。

マイネルグロンの2023年の初戦は3月25日阪神4Rの障害OP。3番人気に推され勝利し、その翌月の障害OPも逃げ切って勝利。夏は休養にあて10月15日東京9Rの東京ハイジャンプ(J・GⅡ)で復帰。8番人気と人気薄ながらも2着に2馬身差をつけて勝利。続く中山大障害(J・GⅠ)では1番人気に推されここでも2着馬に10馬身をつける大差で圧勝。今年は4戦全勝と、オジュウチョウサンが引退した今、新しい障害馬のスターホース誕生と言えそうだ。

目次

「2023 Best Hurdle Racehorse (2023年 ベスト障害馬)」とは?

「2023 Best Hurdle Racehorse (2023年 ベスト障害馬)」とは、ジナケイバが選ぶ2023年に最も活躍した障害馬を表彰する賞。

ジナケイバ運営局が実施した全国の400人を対象(回答数185人)としたアンケート調査の結果、最多の得票数を獲得した障害馬「マイネルグロン」に贈られた。下記が実際のアンケート調査結果である。

有効回答数170票中、マイネルグロンが53票を獲得し見事グランプリに輝いた。中山大障害(J・GⅠ)での圧勝劇が目に新しいかつ鮮烈で納得の結果となった。38票を獲得して惜しくも2位となったイロゴトシも中山グランドジャンプ(J・GⅠ)を優勝し活躍を見せた。障害レースの絶対的スターホースであったオジュウチョウサンが引退した今、この2頭に注目しながら障害レースを楽しみたい。

アンケート調査概要

調査方法ランサーズ株式会社によるアンケート調査
調査目的2023年を代表するに相応しい競走馬を調査すること
調査概要https://www.lancers.jp/work/detail/4820896
実施期間2023年12月19日〜2023年12月25日
調査対象400人
回答人数185人(うち有効回答数170人)

JINAKEIBA(ジナケイバ)について

ジナケイバは株式会社jaybeが運営をおこなう、競馬初心者から上級者までが楽しめる競馬情報メディアである。

サイト名JINAKEIBA(ジナケイバ)
運営組織株式会社jaybe
運営組織関連メディア暗号資産ニュースメディア「JinaCoin(ジナコイン)
問い合わせ先https://jaybe.co.jp/contact/
ジナケイバ公式ライン
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

好きなことで生きていく自由な人生を求め、7年間勤めた公務員を退職。フリーランスWEBライター兼フォトグラファーとして北海道で活動している。父親の影響で幼少期より競馬場へ足を運び、サラブレッドのかっこよさと可愛さに取り憑かれる。今では競馬場だけではなく、引退馬が繋養されている牧場にも毎年足を運ぶ。好きな馬はスペシャルウィークとブエナビスタ。馬券は三連複5頭BOXがメイン。

コメント

コメントする

目次