フェブラリーSの当たる予想を無料でGET LINE登録で買い目を受け取る

C.ルメールがジナケイバの「2023 Best Jockey」にてグランプリを受賞

ジナケイバ公式ライン

競馬メディア「JINAKEBA(ジナケイバ)」は12月27日、2023年を代表する騎手に贈られる賞「2023 Best Jockey」にて「C.ルメール」がグランプリを受賞したことを発表した。

2023年、自身にとって2年ぶり6回目のJRA年間リーディングジョッキーにも選出されたルメール。やはり今年最も熱く思い出されるのは最強馬イクイノックスに騎乗し、他の馬を寄せ付けない圧倒的な強さを見せたジャパンカップだろう。いや、スターズオンアースに騎乗し、圧倒的不利とされた大外枠から思い切った騎乗と抜群の技術で2着まで持ってきた有馬記念だ、はたまたドゥレッツァ自身初めての重賞挑戦でタスティエーラやソールオリエンスを負かして5連勝を飾った菊花賞だという人もいるかもしれない。それほどまでにC.ルメールによってたくさんの競馬シーンが彩られた2023年だった。

目次

「2023 Best Jockey(2023年 ベスト騎手)」とは?

「2023 Best Jockey(2023年 ベスト騎手)」とは、ジナケイバが選ぶ2023年に最も活躍した騎手を表彰する賞。

ジナケイバ運営局が実施した全国の400人を対象(回答数185人)としたアンケート調査の結果、最多の得票数を獲得した騎手「C.ルメール」に贈られた。下記が実際のアンケート調査結果である。

有効回答数183票中、C.ルメールがダントツの115票を獲得し見事グランプリに輝いた。やはり最強馬イクイノックスとのコンビはどのレースも鮮明かつ鮮烈に記憶に残り、これから先も続く競馬史において間違いなく語り継がれるであろう歴史的1ページを刻んだ。52票を獲得し2位となった川田将雅騎手においては、お嬢さんことリバティアイランドとのコンビで獲得した牝馬三冠のタイトル獲得や、年間勝率3.05とJRA史上初の勝率3割超えを記録するなど、川田将雅騎手も歴史的なシーンを彩った騎手の1人と言える。

アンケート調査概要

調査方法ランサーズ株式会社によるアンケート調査
調査目的2023年を代表するに相応しい競走馬を調査すること
調査概要https://www.lancers.jp/work/detail/4820896
実施期間2023年12月19日〜2023年12月25日
調査対象400人
回答人数185人(うち有効回答数183人)

JINAKEIBA(ジナケイバ)について

ジナケイバは株式会社jaybeが運営をおこなう、競馬初心者から上級者までが楽しめる競馬情報メディアである。

サイト名JINAKEIBA(ジナケイバ)
運営組織株式会社jaybe
運営組織関連メディア暗号資産ニュースメディア「JinaCoin(ジナコイン)
問い合わせ先https://jaybe.co.jp/contact/
ジナケイバ公式ライン
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

好きなことで生きていく自由な人生を求め、7年間勤めた公務員を退職。フリーランスWEBライター兼フォトグラファーとして北海道で活動している。父親の影響で幼少期より競馬場へ足を運び、サラブレッドのかっこよさと可愛さに取り憑かれる。今では競馬場だけではなく、引退馬が繋養されている牧場にも毎年足を運ぶ。好きな馬はスペシャルウィークとブエナビスタ。馬券は三連複5頭BOXがメイン。

コメント

コメントする

目次