フェブラリーSの当たる予想を無料でGET LINE登録で買い目を受け取る

福島競馬場芝1200mの特徴と傾向まとめ|攻略法も一挙公開!

福島競馬場芝1200mの特徴と傾向まとめ|攻略法も一挙公開!
ジナケイバ公式ライン

福島テレビオープンや福島2歳Sなどが行われる、福島競馬場芝1200mコース。

この記事では福島競馬場の概要・特徴と、過去のレース結果から見る「人気別」や「血統別」、「騎手別」などの成績データ、それらを踏まえた上での攻略法をまとめました。競馬場の特徴やこれまでの傾向を理解する者は馬券を制する!

ぜひ馬券を予想する際の参考にしてみてください!

▼今週の予想・追い切り記事はこちら
関連チューリップ賞予想
関連チューリップ賞追い切りタイムと評価
関連オーシャンS予想
関連オーシャンS追い切りタイムと評価
関連ディープ記念予想
関連ディープ記念追い切りタイムと評価

目次

福島競馬場芝1200mの概要・特徴

福島競馬場芝1200mの概要・特徴

まずはじめにコースの概要や特徴を、平均タイムやラップタイムと併せて解説していきます。

福島芝1200m|コース概要

向こう正面の左ポケットがスタート地点のこのコース。

スタート地点から最初のコーナーまで、緩い上り坂が約412m続きます。最初のコーナーまで直線が長く続くことから、馬群が縦長の展開になりやすく、枠順の有利不利はそれほどありません。

緩い上り坂を登り切ったところで3コーナーに差し掛かり、残り400m付近から下り坂を降りながら4コーナーを周り最後の直線へ向かいます。

3〜4コーナーにかけてはスパイラルカーブが採用されており、スピーディーかつスリリングなレースが楽しめるようなコースになっています。

スパイラルカーブとは

コーナーの入口から出口にかけて半径が短くなるコーナーのこと

進入時は緩やかなカーブですが、出口に向かうにつれて徐々にカーブがキツくなる、といえばイメージがつきやすいでしょうか。スピードを維持したままコーナーに入ることができますが、出口のコーナーがキツいため、馬群がバラけ外に膨らみやすくなることが特徴です。

最後の直線は292mあり、残り約150m地点から再び始まる上り坂をトップスピードで駆け上がりゴールです。

直線の292mという長さは、ローカル競馬場の中では標準的な長さであり、決して長い訳ではありませんが、開催が進み馬場が傷んでくると前述したスパイラルカーブの影響もあり、外差しが決まりやすくなるケースが増えてきます。

コース全体の高低差は約1.9m。ちなみに高低差のある競馬場で有名な中山競馬場は高低差約5.3mなので、それに比べるとまだ優しいですね。

福島芝1200m|レコードタイム

レコードタイムについては下記の表の通りです。

福島芝1200mタイム性齢馬名記録年月日
2歳レコード1:08.5牡2ペイシャオブロー2014年11月16日
3歳以上レコード1:07.0牝5シルキーラグーン2005年 6月19日

ちなみに2歳レコードを持っているペイシャオブローは福島2歳Sを、3歳以上レコードを持っているシルキーラグーンはバーデンバーデンCを、同じく先行策でレースを進め、最後の直線で抜け出しレコード勝ちをおさめています。

福島芝1200m|平均タイムとラップタイム

レコードタイムを紹介したところで、次は平均タイムとラップタイムをみてみましょう。

クラス別に、表でまとめてみました。

クラス
距離
200m400m600m800m1000m1200mタイム
2歳新馬12.4911.1511.5011.9211.6712.0370.76
2歳未勝利12.2910.8711.2811.8011.6612.2170.11
2歳OP12.0610.6411.1011.8811.9612.2269.86
3歳未勝利12.2510.7911.2511.7911.6712.2369.98
3歳1勝12.1810.5311.1811.8511.7012.3369.77
古馬1勝12.1710.7311.1711.6611.5212.0469.29
古馬2勝12.0910.6311.0111.5611.5012.0668.85
古馬3勝12.0210.5310.8611.3911.4612.1268.38
古馬OP12.1510.7310.9011.2511.5012.0068.53
※2019年~2022年の過去3年データ

スタートから最初のコーナーまで、直線が長く続くことからレース前半から、ペースが速くなりがちな福島芝1200m。

それを象徴するかのように、2歳戦でも前半2ハロン目のラップタイムが10秒台を計測しています。

福島競馬場芝1200mの傾向データ

福島競馬場芝1200mの傾向データ

ここからは各種項目別に、直近3年間の傾向をまとめます。

予想をする際の参考になるかと思いますので、ぜひじっくり読んでみてください。

福島芝1200m|人気別

人気勝率連対複勝単回複回
122.442.756.96382
220.436.946.39382
314.528.241.29084
45.518.029.44471
59.816.926.310481
65.513.322.07578
76.713.322.711797
85.56.313.312874
91.65.510.24667
10~1.43.15.28473
※2019年~2022年の過去3年データ、連対=連対率、複勝=複勝率、単回=単勝回収率、複回=複勝回収率

この表にまとめたように、1番人気の馬がなかなか勝ちきれないのがこのコースの特徴です。

福島芝1200m|枠順別

勝率連対複勝単回複回
16.112.819.35950
27.713.221.010665
36.512.716.110272
45.412.420.53467
56.812.118.08770
66.916.923.747104
77.014.323.07085
87.714.120.77865
※2019年~2022年の過去3年データ

先ほどのコース概要でも解説したとおり、スタートから最初のコーナーまでの直線が長いため、各馬自分の有利なポジションを取りやすいコースであるため、枠順による有利不利はあまりありません

福島芝1200m|脚質別

脚質勝率連対複勝単回複回
逃げ20.432.048.1238158
先行11.823.433.310395
差し5.813.220.76989
追込1.22.84.41821
※2019年~2022年の過去3年データ

序盤で前に出て自分の有利なポジションを確保しやすいことと、直線が短いこと。

これら2つのことから、やはり逃げ・先行馬が強いという結果になりました。

福島芝1200m|血統別

スクロールできます
順位種牡着回数勝率連対複勝単回複回
1ロードカナロア16-10-14-99/13911.518.728.88082
2ディープインパクト8-6-5-27/4617.430.441.370115
3キンシャサノキセキ6-11-6-75/986.117.323.5187111
4ダイワメジャー6-7-8-79/1006.013.021.05759
5スクリーンヒーロー6-1-3-38/4812.514.620.8299168
6ローエングリン5-1-0-22/2817.921.421.410143
7アドマイヤムーン4-6-2-51/636.315.919.08754
8ディープブリランテ4-4-2-42/527.715.419.25061
9マツリダゴッホ4-3-10-71/884.58.019.34781
10ビッグアーサー4-3-2-17/2615.426.934.650122
※2019年~2022年の過去3年データ

勝利数毎にランキングにしてまとめてみました。

圧倒的勝利数を記録しているのは、ロードカナロア産駒という結果になりました。

現役時代はスプリンターズSや高松宮記念を制しているだけあり、その能力は子どもたちにもしっかりと受け継がれているようです。

福島芝1200m|騎手別

スクロールできます
順位騎手名着回数勝率連対複勝単回複回
1西村 淳也12-7-8-41-6817.627.939.7148126
2戸崎 圭太9-9-9-30/5715.831.647.45483
3菅原 明良9-9-7-73/989.218.425.512064
4木幡 巧也7-7-2-47/6311.122.225.4117100
5三浦 皇成6-5-5-32/4812.522.933.34769
6柴田 大知6-5-3-44/5810.319.024.112674
7丸山 元気6-4-3-46/5910.216.922.04840
8斎藤 新6-3-4-42/5510.916.423.68471
9藤田 菜七子6-3-2-70/817.411.113.64628
10勝浦 正樹6-1-3-40/5012.014.020.014376
※2019年~2022年の過去3年データ

騎手についても勝利数順にランキングにまとめました。1位は西村騎手なのですが、2位の戸崎騎手の連対率・複勝率が飛び抜けていますね

福島芝1200m|調教師別

スクロールできます
順位調教師名着回数勝率連対複勝単回複回
1牧浦 充徳6-4-3-25/3815.826.334.2153111
2青木 孝文6-2-3-32/4314.018.625.617499
3手塚 貴久5-1-5-19/3016.720.036.776165
4奥平 雅士4-2-5-20/3112.919.435.511592
5安田 隆行4-2-1-8/1526.740.046.711289
6金城 貴史4-1-2-12/1921.126.336.813176
7西園 正都4-1-1-19/2516.020.024.04756
8鹿戸 雄一4-0-2-12/1822.222.233.38267
9宗像 義忠3-4-4-30/417.317.126.83859
10南田 美知雄3-3-3-33/427.114.321.4186109
※2019年~2022年の過去3年データ

続いては調教師別の勝利数ランキングです。ここで注目すべきはもちろん1位の牧浦調教師なのですが、それ以上に注目なのは5位の安田調教師ではないでしょうか。

福島競馬場芝1200mの傾向・データまとめ

福島競馬場芝1200mの傾向・データまとめ

さて、ここまで各項目別に表を使って解説してきました。

改めて、項目別に一言ずつ簡単にまとめます。

福島競馬場芝1200mの傾向・データまとめ
  • 1番人気の馬は飛ぶ可能性があるので要注意
  • 枠順は特に有利不利の偏りがない!
  • 脚質は逃げ・先行が有利
  • 血統はロードカナロア産駒が圧倒的!
  • 騎手は西村騎手、戸崎騎手が安定の成績!
  • 調教師は牧浦調教師が単勝・複勝回収率が100%超え!

【2022年版】福島競馬場芝1200mの攻略方法

【2022年版】福島競馬場芝1200mの攻略方法

最後に、馬券を予想する際に直接参考になるような材料を用意いたしました。

福島芝1200m|データから見るココが買い

この馬が買い

ロードカナロアを父に持つ逃げ・先行馬

やはり現役時代、スプリンターズSの連覇を含む国内スプリントGⅠ3勝のロードカナロアの血は色濃く産駒にも受け継がれているようで、際立って成績が良いです。

併せて、特性上、逃げ・先行馬が有利なコースであるため、ロードカナロア産駒の逃げ・先行馬が出走した際はぜひ狙ってみてください。

この騎手が買い

西村騎手と戸崎騎手が安定した成績を残しております。勝利数では西村騎手が上回っておりますが、連対率・複勝率では戸崎騎手が西村騎手を上回っているため、馬券を予想する際は戸崎騎手騎乗の馬を軸馬に据えるのがオススメです。

この調教師が買い

勝利数1位、単勝・複勝回収率ともに100%超えの牧浦調教師が買いです。

しかしあえてもう1人挙げるとすると、やはり安田調教師です。

まだ出走回数が少ないため、勝利数はまだ物足りなく見えるかもしれませんが、勝率・連対率・複勝率を見ると安田調教師がズバ抜けた成績をおさめています。

今後出走回数が増えてくるにつれてどう変わってくるかが気になりますね。

福島芝1200m|データから見るココが割引

一言でいうと、1番人気馬は要注意です。

特に最近では単勝オッズ2倍台で1番人気の馬券回収率が60%を下回るなど、人気していることが、馬券的にはマイナス材料になる要素でもあります。

1番人気馬を狙っている際は、他のデータに照らし合わせたり、当日の馬の調子をよく観察して、本当に馬券に入れるのか熟考してみてください。

福島芝1200m|データの裏を狙う

データには反映されていないものの、期待値が高い馬について解説いたします。

その馬は、開催後半に出走する差し馬です。

理由は1つ。

馬場が荒れていない外側を走れるからです。

福島競馬場は夏の梅雨時に開催するため、馬場が荒れやすい傾向にあり、開催後半ともなると内ラチ沿いはデコボコになっていることも珍しくありません。

そして、コースの概要部分で触れたスパイラルカーブですが、先ほど解説した特徴の他に、「コーナー出口で外に膨らみやすく、最後の直線で馬群が横に広がりやすい」という特徴もあります。

このことから、馬場の荒れていない進路を選ぶことでき、スパイラルカーブを外に膨らみながら加速し、最後の直線で馬群がバラけるため前が壁になりにくい状況を作ることができる差し馬は狙える馬になるかもしれません。

開催時期や馬場状態によって狙える穴馬・危険な人気馬

開催時期や馬場状態によって狙える穴馬・危険な人気馬

ズバリ、

  • 狙える穴馬は内ラチが荒れた開催後半の差し馬!
  • 危険な人気馬は1番人気馬!

馬券を予想される際は、ぜひ気にかけてみてください。

福島競馬場芝1200mまとめ

ここまで福島芝1200メートルについて、コースの概要や平均タイム、人気別や枠順別などの項目別データ、データからみる攻略法を解説してきました。

福島競馬場芝1200mまとめ
  • 1番人気は要注意
  • 枠順の有利不利の偏りは無し!
  • 逃げ・先行が有利!
  • ロードカナロア産駒が安定!
  • 騎手は菅原明良騎手戸崎圭太騎手がイチオシ!
  • 調教師は牧浦充徳調教師!今後の安田隆行調教師に注目!
  • 開催後半は差し馬が有利になる場合も!

この記事が、馬券を予想する際の参考や、より競馬を楽しめる材料になれればとても嬉しいです。

良き競馬ライフを!

▼今週の予想・追い切り記事はこちら
関連チューリップ賞予想
関連チューリップ賞追い切りタイムと評価
関連オーシャンS予想
関連オーシャンS追い切りタイムと評価
関連ディープ記念予想
関連ディープ記念追い切りタイムと評価

参考文献

福島競馬場コース一覧

芝1000m芝1200m芝1700m芝1800m
芝2000m芝2600mダート1000mダート1150m
ダート1700mダート2400m
ジナケイバ公式ライン
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

競馬歴20年以上、好きな馬はサイレンススズカ、ディスコードで毎週競馬予想を配信しています。

コメント

コメントする

目次