フェブラリーSの当たる予想を無料でGET LINE登録で買い目を受け取る

福島競馬場芝1800mの特徴と傾向まとめ|攻略法も一挙公開!

福島競馬場芝1800mの特徴と傾向まとめ|攻略法も一挙公開!
ジナケイバ公式ライン

重賞レースである福島牝馬ステークスやラジオ日経賞をはじめ、平場レースでも頻繁に使用される、福島芝1800mコース。

この記事では福島競馬場芝1800mコースの概要・特徴と過去のレース結果から見る「人気別」や「血統別」、「騎手別」などの成績データ、それらを踏まえた上での攻略法をまとめました。

競馬場の特徴やこれまでの傾向を理解するものは馬券を制する!ぜひ馬券を予想する際の参考にしてみてください!

▼今週の予想・追い切り記事はこちら
関連チューリップ賞予想
関連チューリップ賞追い切りタイムと評価
関連オーシャンS予想
関連オーシャンS追い切りタイムと評価
関連ディープ記念予想
関連ディープ記念追い切りタイムと評価

目次

福島競馬場芝1800mの概要・特徴

福島競馬場芝1800mの概要・特徴

まずはじめにコースの概要や特徴を、レコードタイムや平均タイムと併せて解説していきます。

福島芝1800m|コース概要

正面スタンド前より若干右側からスタートするこのコース。

スタートから緩い坂を登り、第1コーナーを目指します。平坦な第1コーナーから第2コーナーを抜け向こう正面に入ります。

向こう正面は緩やかな上り坂になっており第3コーナーに向けて駆け上がっていき、スパイラルカーブ※を採用された第3・第4コーナーへ。

スパイラルカーブとは

コーナーの入り口から出口にかけて半径が短くなるコースのこと。

残り400m地点から下り坂が始まり、最後の直線に向けて降りていきます。

最後の直線は292mで、残り約150m地点から再び上り坂が始まり、トップスピードで駆け上がりゴールです。

福島芝1800m|レコードタイム

福島芝1800mタイム性齢馬名記録年月日
2歳レコード1:46:2牡2マイネルサーパス2018.11.4
3歳以上レコード1:45:3牡4アンブラスモア1998.6.21

2歳レコードを持っているマイネルサーパスは「きんもくせい特別」を道中8〜10番手で進め最後の直線で差し切り勝ち。

3歳レコードを持っているアンブラスモアは「吾妻小富士オープン」をスタート直後から1番手でレースを進め、そのまま逃げ切り勝ちしております。

福島芝1800m|平均タイムとラップタイム

レコードタイムを紹介したところで、次は平均タイムとラップタイムを紹介します。

クラス/距離20040060080010001200140016001800
2歳新馬12.9311.8212.7513.3712.6112.1312.0111.8611.95
2歳未勝利12.5711.0912.1712.9312.5712.1312.1511.9412.33
2歳OP12.8711.4312.6312.9012.5311.9311.7311.3311.77
3歳未勝利12.5711.1312.0912.5712.4112.2112.1011.8212.08
3歳1勝12.4010.6511.7012.1512.2012.0011.9011.6011.75
古馬1勝12.5611.1711.9612.5212.2411.8911.9211.8112.13
古馬2勝12.6211.4412.0612.5412.2411.8911.9211.8112.13
古馬3勝12.6511.5512.7012.4012.0511.4511.6011.3512.00
古馬OP12.5811.4311.6712.2711.9811.7511.8511.7712.00

400m地点でグッとペースが早まっておりますが、これは最初のコーナーから向こう正面に差し掛かるポイント。

レースを有利に運ぶために各馬のポジション争いが激しくなることから他の地点と比べると早いタイムが計測されています。

福島競馬場芝1800mの傾向データ

福島競馬場芝1800mの傾向データ

ここからは各項目別に、直近の傾向データをまとめます。

予想をする際の参考になるかと思いますので、ぜひじっくり読んでみてください。

福島芝1800m|人気別

人気勝率連対複勝単回複回
136.048.961.29384
215.131.748.96786
315.130.242.49082
47.222.333.85873
510.117.325.911776
66.513.718.79970
72.911.520.956101
82.97.411.86768
90.76.013.427103
10〜0.72.24.44474
連対=連対率、複勝=複勝率、単回=単勝回収率、複回=複勝回収率

データに表れているとおり、1番人気馬の勝率が高く、以前解説した福島芝1200mの特徴・傾向まとめではなかなか1番人気馬が勝ちきれないという傾向がありましたが、1800mでは安心して軸馬として馬券に組み込めます

ただ、決してずば抜けて勝率が高い訳ではないので1着固定で買うよりも、複勝率の高さから三連複の軸馬にするのが良策かもしれません。

2〜5番人気馬を見ると、連対率・複勝率が安定しており、比較的配当が堅い(荒れにくい)レースになっていることがわかります。

馬券を予想する際は、まずは上位人気馬から検討してみてはいかがでしょうか?

福島芝1800m|枠順別

勝率連対複勝単回複回
16.312.019.642.854.7
26.79.717.041.861.6
38.715.620.255.971.6
47.513.921.463.775.8
55.216.522.249.456.1
67.118.824.973.5105.5
78.913.924.886.691.5
85.911.817.721.780.6
2019〜2021年の過去3年データ

勝率だけ見るとあまり大きな差は無いと感じるかもしれませんが、複勝率を見ると外枠が有利というデータになりました。

複勝率だけでなく、単勝・複勝回収率も見てみると、ほかの枠に比べ6・7枠の回収率がずば抜けて高いため、気になる馬を見つけた場合はぜひ馬券に組み込んでみてください。

福島芝1800m|脚質別

脚質勝率連対複勝単回複回収
逃げ12.424.035.7191.3143.3
先行14.029.139.991.6137.7
差し5.911.919.833.070.5
追込1.72.74.614.617.1
2019〜2021年の過去3年データ

データを見てわかるように、逃げ・先行馬が安定した成績を収めています。

福島芝1800m|血統別

順位種牡馬勝率連対複勝単回複回
1ゴールドシップ20.024.034.0207.074.6
2ディープインパクト15.021.731.783.273.7
3ルーラーシップ12.312.320.047.843.2
4オルフェーヴル12.525.031.364.087.3
5ドゥラメンテ16.730.033.379.7171.3
6キングカメハメハ15.030.035.078.0114.5
7ブラックタイド8.817.617.6237.960.6
8ヴィクトワールピサ6.58.723.942.064.6
9モーリス13.618.227.334.5169.5
10ダノンバラード23.123.146.2127.786.2
2019〜2021年の過去3年データ

ゴールドシップ産駒が過去3年で1番多く勝ち星をあげている結果となりました。

もう1つ世代を遡って、上位5頭の父をみるとゴールドシップとオルフェーヴルは「ステイゴールド産駒」、ルーラーシップとドゥラメンテは「キングカメハメハ産駒」です。

キングカメハメハに至っては、自身も6位にランクインしており、コースの相性の良さが見てとれます。

また、2位にランクインしているディープインパクトと7位にランクインしているブラックタイドは父サンデーサイレンス、母ウインドインハーヘアという全く同じ血統です。

たった1つ世代を遡ると、この福島芝1800mコースにおける得意な血統が見えてきますね!

福島芝1800m|騎手別

順位騎手名勝率連対複勝単回複回
1戸崎 圭太19.626.137.070.069.8
2吉田 隼人25.039.346.4129.686.4
3川又 賢治43.843.856.3521.9170.6
4柴田 大知12.527.143.864.0282.1
5三浦 皇成11.632.648.841.2107.4
6西村 淳也15.634.440.663.1167.8
7菅原 明良8.815.819.378.189.1
8丸山 元気9.516.726.257.976.2
9津村 明秀7.121.423.885.280.7
10M.デムーロ11.523.138.571.277.3
2019〜2021年の過去3年データ

戸崎騎手が勝利数トップというデータになりました。

ですが、注目すべきは3位にランクインしている川又騎手です。出走回数は16回と少ないものの、勝率・連対率・複勝率ともに高く、好成績です。今後さらに出走回数を重ねていき、これらの数値がどのように変化するのか楽しみな騎手です。

続いて狙える騎手は、吉田騎手で、川又騎手と同様に、勝率・連対率・複勝率が高い数値となっております。

もう1人オススメの騎手を挙げるとすると、高い複勝率を持つ三浦騎手でしょうか。

福島芝1800m|調教師別

順位調教師名勝率連対複勝単回複回
1手塚 貴久26.331.631.666.346.8
2矢作 芳人36.445.545.5228.2140.9
3鹿戸 雄一14.323.847.634.3112.9
4田中 剛21.435.750.0161.4302.9
5国枝 栄12.020.028.068.454.8
6高木 登27.345.554.570.0130.0
7高野 友和20.033.340.064.061.3
8高柳 瑞樹21.435.735.7215.7237.1
9深山 雅史30.030.030.0211.072.0
10久保田 貴士16.716.716.787.227.2
2019〜2021年の過去3年間データ

調教師別で過去のデータを見てみると、勝利数における大きな差はありません。

手塚調教師矢作調教師が1・2位となっておりますが、注目すべきは6位にランクインしている高木調教師です。

出走回数がまだ少なく勝利数も先述した2人よりも少ないため6位という順位にはなりましたが、勝率・連対率・複勝率ともにとても高い数字となっており、特に複勝率は54.5%と眼を見張るものがあります。

福島競馬場芝1800mの傾向・データまとめ

福島競馬場芝1800mの傾向・データまとめ

ここまで、各項目別に表を使って解説してきました。

改めて各項目別に一言ずつ簡単にまとめます。

福島競馬場芝1800mの傾向・データまとめ
  • 人気どおりのレース結果になりやすく、1番人気馬はある程度信頼できる。ただし過剰に信頼しすぎるのはNG
  • 枠順は6・7枠に注目!
  • 脚質は逃げ・先行が有利!
  • 血統はゴールドシップ産駒ルーラーシップ産駒!もちろんディープインパクト産駒も強い!
  • 騎手は戸崎騎手が勝利数1位だが、川又騎手吉田騎手にも注目したい!
  • 調教師は手塚調教師矢作調教師が勝利数をあげているが他の調教師と大きな差は無い。今後の高木調教師に注目

【2022年版】福島競馬場芝1800mの攻略方法

【2022年版】福島競馬場芝1800mの攻略方法

福島芝1800m|データから見るココが買い

この馬が買い

ゴールドシップ・ディープインパクト・ルーラーシップ産駒の逃げ・先行馬が買い。

3頭とも現役時代は後ろからレースを運び、最後の直線で抜群の伸びを見せて差し切るタイプの馬でしたが、この福島芝1800mは逃げ・先行馬が有利です。

上記3頭を父に持つ逃げ・先行馬を見つけた場合は、ぜひ狙ってみてください。

この騎手が買い

先ほど紹介した表では戸崎騎手が勝利数ランキングでトップでしたが、勝率・連対率・複勝率をみると吉田騎手川又騎手が高い数字を残しています。

特に川又騎手は他の騎手に比べ連対率・複勝率が高いため、馬券を予想する際は軸に据えるのがオススメです。

まだこの福島芝1800mでの騎乗回数は少ないですが、今後の川又騎手の成績に注目していきながら買っていきたいですね。

この調教師が買い

手塚調教師矢作調教師が勝利数ランキングの2トップとなりましたが、全体的にみると調教師における有利不利はデータからは特に見受けられませんでした。

強いて挙げるとすれば、前述の2人に加え、複勝率54.5%の高木調教師も狙える調教師の1人なので、注目して馬券を予想してみましょう。

福島芝1800m|データから見るココが割引

ズバリ、2枠に入る馬は割引です。

他の枠よりも連対率・複勝率ともに低い数値となっているため、狙いたい馬が2枠に入った場合は注意しましょう。

福島芝1800m|データの裏を狙う

データを見ただけではわからないものの、狙っていける馬を紹介します。

それは、開催後半に出走する差し・追込馬です。

福島競馬場は梅雨時に開催するため、コースの内ラチ沿いが荒れやすく、内ラチ沿いを走ることが多い逃げ・先行馬にとっては開催後半の福島競馬場は苦しい競馬をすることになります。

逆に、後ろからレースを進める差し・追込馬は荒れていない馬場を選んで走ることができるため、有利に最後の直線を走ることができ、馬券を予想する際の好材料になるかもしれません。

開催時期や馬場状態によって狙える穴馬・危険な人気馬

開催時期や馬場状態によって狙える穴馬・危険な人気馬

ズバリ、

  • 開催後半の差し・追込馬は狙える!
  • 2枠に入った人気馬は危険!要注意!

馬券を予想する際はこれらのことにも注目してみてください。

福島競馬場芝1800mまとめ

ここまで福島芝1800mについて、コースの概要や平均タイム、人気別や枠順などの項目別データ、それのデータからみる攻略法を解説してきました。

この記事が馬券を予想する際の参考や、より競馬を楽しめる材料になれればとてもうれしいです。

それでは、よき競馬ライフを!

福島競馬場芝1800mまとめ
  • ある程度人気どおりのレース結果になりやすく堅い配当が多い。
  • 枠順は6・7枠がオススメ。2枠に入った馬の成績は振るっておらず要注意。
  • 逃げ・先行が有利。
  • ゴールドシップ・ディープインパクト・ルーラーシップ産駒が好成績。
  • 騎手は戸崎騎手が勝利数1位だが、吉田騎手・川又騎手が安定。
  • 調教師は手塚・矢作調教師がトップ2だが、調教師全体でみると得意不得意は特に無し。今後の高木調教師に注目したい。
  • 開催後半は差し・追込馬に注目。

▼今週の予想・追い切り記事はこちら
関連チューリップ賞予想
関連チューリップ賞追い切りタイムと評価
関連オーシャンS予想
関連オーシャンS追い切りタイムと評価
関連ディープ記念予想
関連ディープ記念追い切りタイムと評価

参考文献

福島競馬場コース一覧

芝1000m芝1200m芝1700m芝1800m
芝2000m芝2600mダート1000mダート1150m
ダート1700mダート2400m
ジナケイバ公式ライン
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

競馬歴20年以上、好きな馬はサイレンススズカ、ディスコードで毎週競馬予想を配信しています。

コメント

コメントする

目次