フェブラリーSの当たる予想を無料でGET LINE登録で買い目を受け取る

競馬新聞の二重三角印とは?競馬予想に役立つ印の意味を徹底解説!

競馬新聞の二重三角印とは?競馬予想に役立つ印の意味を徹底解説!
ジナケイバ公式ライン
この記事をざっくり言うと・・・
  • 競馬新聞に掲載されている「二重三角」の意味が分かる
  • 競馬新聞に記されているすべての印の意味が分かる
  • 「二重三角」に関するよくある質問(Q&A)も掲載
目次

競馬新聞の二重三角印の意味!

競馬新聞の二重三角印の意味!

競馬新聞には「◎」や「〇」、「×」など様々な印が記入されています。その中でも二重三角は相手候補の中でもっとも期待値の高い馬に付けられることが多いです。二重三角印の意味は大きく分けて2つあります。

相手馬に付けられる
必ずしも用いられない

当記事では二重三角の大きな役割である2つの意味について解説します。

意味:二重三角印は相手馬に付けられる

意味:二重三角印は相手馬に付けられる

二重三角印は相手候補馬の中でもっとも有力な馬に付けられることが多いです。相手候補は複数頭選択できますが、どの馬が一番期待値が高いのか表しているのが二重三角印なのです。

二重三角印が付いた馬は相手候補の中でもっとも馬券に絡む可能性が高いことを示しているので馬連や三連単といった複合馬券で相手候補を探す際に参考にできるのです。

意味:必ずしも用いられない

意味:必ずしも用いられない

競馬新聞によっては二重三角印を使用しないこともあります。

二重三角印はあくまでも一部の競馬新聞社しか導入していません。大手競馬新聞の中でも二重三角印を使わないところは多いです。

その場合、予想印だけでどの相手候補がもっとも有力であるのか見抜くことはできません。

競馬新聞の二重三角以外の印の意味

競馬新聞の二重三角以外の印の意味

競馬新聞では今回紹介した印以外にも次の一覧表のような印があります。

予想印の種類と意味一覧

名称読み方意味
◎(にじゅうまる)本命ほんめい1番手評価。1番強い馬
〇(まる)対抗たいこう2番手評価。2番目に強い馬
▲(くろさんかく)単穴たんあな3番手評価。3番目に強い馬
△(しろさんかく)連下れんか・れんした2.3着に来そうな馬
☆(ほし)ほし人気落ちでも馬券に来そうな馬
×(ばつ・ぺけ)大穴おおあな人気落ちでも馬券に来そうな馬
注(ちゅう・ちゅうい)注意ちゅうい人気落ちでも馬券に来そうな馬
二重三角二重三角にじゅうさんかく連下の中で一番評価の高い馬
◉(ぐり)ぐりぐりその日開催されるレースで強く推している馬

これらの印の意味を理解することにより、紹介した印の本当の意味が分かると言っても良いでしょう。

以下で各競馬新聞の印についての概要を解説していくので、ぜひ競馬新聞から予想する際に使ってください。また、最後に騎手についている印についても解説しているので参考にしてください。

◎本命(にじゅうまる)

◎(にじゅうまる)

本命は出走馬の中でもっとも勝つ可能性が高い馬、もしくは3着以内に来る確率が一番高い馬に付けられる印です。1番手評価の馬に付けられる印といってもよいでしょう。

出走馬で一番勝つであろう馬に付けられるので、馬連や三連単など、2頭以上の馬を選択して予想する券種では軸に最適ですね。もちろん、単勝や複勝で買うのもよく、本命はもっとも信頼できる印です。

これもう見た?競馬新聞の◎って何?競馬予想に役立つ印の意味を徹底解説!

○対抗(まる)

〇(まる)

対抗は本命の次に評価が高い馬で、2番手評価の馬につく印です。

本命にした馬よりは見劣りするけれど、それ以外の馬には勝てるであろうという評価で、対抗も本命同様馬券の軸に最適です。

これもう見た?競馬新聞の◯印って何?競馬予想に役立つ印の意味を徹底解説!

▲単穴(くろさんかく)

▲(くろさんかく)

単穴は本命や対抗の次に評価したい馬のことで、出走馬の中で3番目に評価したい馬に付けられます。

3番手ということで本命や対抗よりは評価は下回りますが、それでも馬券に絡む可能性の高い馬は黒三角印がつけられていますね。3番手評価とはいえ、黒三角印の馬が勝つこともしばしばあります。

これもう見た?競馬新聞の黒三角▲印って何?競馬予想に役立つ印の意味を徹底解説!

△連下(しろさんかく)

△(しろさんかく)

連下は、勝つ可能性は少ないものの、2,3着に絡むであろう馬に付けられます。馬単や三連単といった券種では勝ち馬だけではなく2.3着馬といった相手馬を予想することも重要です。

そして、いくら勝ち馬が当たったとしても相手馬がいなければ馬券は外れてしまいます。そのため、相手馬に特化した連下は相手馬を探す券種において非常に大切なのです。

ちなみに、連下印は本命や対抗、単穴と違って複数選択できるので、ひとつのレースで同じ記者が複数の馬に白三角を打っていることが多いです。

これもう見た?競馬新聞の白三角△印って何?競馬予想に役立つ印の意味を徹底解説!

☆星(ほし)

☆(ほし)

☆は、人気を落としているけれど好走する可能性が高い馬に付けられています。大穴候補に付けられる印です。

また、予想記者の好きな馬や応援している馬に付けられることもありますが、基本的には人気を落としている馬で好走する可能性の高い馬に付く印と思ってもらっていいです。

これもう見た?競馬新聞の星☆印とは?競馬予想に役立つ印の意味を徹底解説!

×(ばつ・ぺけ)

×(ばつ・ぺけ)

×は☆と同じく、人気を落としているものの、激走する可能性の高い馬に付けられる印です。意味合いは☆と同じですが、☆と違ってお気に入りの馬や追っかけている馬に付けられません。

あくまでも人気を落としそうな馬で激走するかもしれない馬に付けられています。

これもう見た?競馬新聞の×印って何?競馬予想に役立つ印の意味を徹底解説!

注(ちゅうい)

注(ちゅう・ちゅうい)

注も×と同じく、人気落ちで激走する可能性を秘めている馬に付けられています。

基本的に×と注の意味は全く同じで、競馬新聞社によってどちらかが使われています。

これもう見た?競馬新聞の注印って何?競馬予想に役立つ印の意味を徹底解説!

二重三角(にじゅうさんかく)

二十三角

二十三角は、連下で選択した馬の中でもっとも馬券に絡みそうな馬に付けられます。連下の中の1番手評価と解釈してもらっていいです。二十三角は一部の競馬新聞でしか導入されていません。

有名な新聞社でいうと、競馬ブックは二重三角を導入しています。

◉(ぐり・ばくだん)

◉(ぐり)

◉はその日開催されるレースの中でもっとも自信のある本命馬に付けられます。

意味は本命と全く一緒ですが、1日に開催されるすべてのレースのなかで予想記者が一番自信のある馬に付けられるので信頼しやすい印です。ちなみに◉も二重三角同様、すべての新聞社が導入しておらず、日刊など一部の新聞でしか導入されてません。

【参考】騎手名に付けられる印の意味

【参考】騎手名に付けられる印の意味

競馬新聞では出走馬以外にも騎手に次のような印がつけられています。

男性騎手

条件減量値
30勝未満マイナス3キロ
31勝以上50勝未満マイナス2キロ
51勝以上100勝未満マイナス1キロ

女性騎手

条件減量値
50勝未満マイナス4キロ
51勝以上100勝未満マイナス3キロ
なしマイナス2キロ

この印は騎手の斤量を表し、減量騎手を指しています。減量騎手とは、デビューしたての騎手や、勝利数が少ない騎手のことです。

減量騎手が成績の良い騎手とレースを行う際、どうしても減量騎手のほうが騎乗技術的に不利があって勝利するのが厳しいため、負担斤量を軽くして勝ちやすくする措置です。

本来課せられる斤量よりも軽い斤量でレースに挑めるので、騎手についた「印」はプラス評価できます。

斤量は女性と男性は筋肉量の違いがあることから、女性優遇の措置が取られています。女性騎手の場合は100勝以上達成しても◇印が永久的に付き、男性騎手と比較すると常に2キロの恩恵が与えられます。

ただし、印がついている騎手は見習いや経験が未熟な騎手が多いため、印がついているからといって圧倒的に有利なわけではない点は考慮して予想に役立てるようにしてみてください。

競馬新聞の二重三角印の活用方法!二重三角印を使った予想方法!

競馬新聞の二重三角印の活用方法!二重三角印を使った予想方法!

競馬新聞に付けられる二重三角印は全競馬新聞に掲載されていないため、そこまで有名ではありません。しかしながら、二重三角印はもっとも有力な相手候補に付けられるので、参考になります。

二重三角印を活かした予想方法は大きく分けて3つです。

  • 二重三角印の付いた馬を積極的に買う
  • 二重三角印の付いた穴馬で儲ける
  • 二重三角印の付いた馬から馬券を買

いずれも配当妙味に期待できる買い方で一攫千金をつかみたい方におすすめです。これら3つの予想方法について解説していきます。

二重三角印の付いた馬を積極的に買う

二重三角印の付いた馬を積極的に買う

1つ目の予想方法は二重三角印の付いた馬を積極的に買うことです。二重三角印の馬は相手候補の中でももっとも馬券に絡む可能性が高い馬に付けられます。

プロの予想家が二重三角印を打っていて2.3着に絡む可能性が高いので、ぜひとも馬券に加えたいです。

三連複や三連単はただでさえ的中が容易ではないですが、二重三角印が付いた馬は馬券に絡む可能性が高いのでその馬をメインに買うことで買い目を抑えることもできますし、逆に強く張ることで高配当に結び付けることも可能なのです。

二重三角印の付いた穴馬で儲ける

二重三角印の付いた穴馬で儲ける

2つ目の予想方法は二重三角印の付いた穴馬で儲けることです。二重三角印が付いた馬の中には全く人気の内容な穴馬も含まれることがあります。

一般的に人気落ちの馬が馬券に絡む可能性は低いですが、競馬記者があえて二重三角印をつけているということはそれだけ激走に期待できる理由があるのです。

そのため、二重三角印が付いている馬が人気を落としていたとしても買う価値は十分あるのです。

二重三角印の付いた馬から馬券を買う

二重三角印の付いた馬から馬券を買う

3つ目の予想方法は二重三角印の付いた馬から馬券を買う買い方です。二重三角印の馬は相手候補の中でもっとも馬券に絡む可能性が高いです。

そして、二重三角印には着順問わず高確率で馬券に絡む可能性が高いという特徴があります。言い換えれば1着は厳しいかもしれませんが、2,3着なら十分にあり得る馬に付けられるのです。

そこで、着順問わず馬券に絡むことが的中条件である複勝や馬連、三連複といった馬券で二重三角印の付いた馬を軸にすることも可能なのです。

二重三角印の馬を軸にするメリットは配当妙味に期待できることです。本来なら◎印の付いた馬を軸にするのが最適ですが、どうしても◎印の馬は人気しがちです。

しかし、二重三角印は◎印の馬ほど人気することがないので、的中したときのリターンに期待できるのです。

競馬新聞の二重三角印に関するよくある質問(Q&A)

競馬新聞の二重三角印に関するよくある質問(Q&A)

競馬にはさまざまなルールや用語があり、人によっては質問したくなるような疑問を持つでしょう。

ここからは、二重三角印に関するよくある質問について解説していきます。

出馬表に二重三角印が載っていないんだけど?

二重三角印はすべての競馬新聞に掲載されているわけではありません。あくまでも一部の新聞のみが導入しています。

有名な新聞社を挙げると、競馬ブックには二重三角印が導入されています。

二重三角印の馬を本命にするのはあり?

ありです。

そもそも、本命の馬に付けられる印には◎がありますが、◎が付いた馬は人気しがちです。

しかし、二重三角印の馬は◎印が付いた馬ほど人気しないため、あえて二重三角印の馬を本命にすることで的中したときの配当妙味が期待できるのです。

二重三角印の好走率はどれくらい?

レースや予想する記者によって本命の打ち方はさまざまなので、印だけで好走率を求めることはできません。しかし、二重三角印は相手候補の中でもっとも好走に期待できるであろう馬に付けられるので、2,3着に絞ってみると好走率は高いです。

ただし、人気によって好走率は変わるので、一概に言えないのが正直なところなのです。

なお、人気別に好走率を見ることは可能です。

1番人気の場合は勝率約30%で2着以内に入選する連対率は約38%、3着内に入選する確率は約53%です。そして、12番人気以下になると勝率は1%を切り、3着内入選率も4%未満になります。

二重三角印は人気穴馬問わず付けられますが、プロの予想家が推奨しているので期待値は高く、人気以上に激走する可能性を秘めています。

まとめ

今回は競馬新聞に記される二重三角印について解説しました。

二重三角印は相手候補でもっとも有力な馬を表しています。もしも三連単や三連複で相手候補を探しているのであれば、ぜひチェックしたい印です。

ただし、二重三角印はすべての出馬表に掲載されているわけではなく、あくまでも一部の新聞しか導入されていないので、どうしても二重三角印の予想が見たいという方は、二重三角が掲載されている新聞を購入する必要があります。

すべての新聞社が用いていないのは残念ですが、相手候補を探すうえで二重三角印は大変便利なので、ぜひ予想に活かしましょう。

参考文献

予想紙の見方

ジナケイバ公式ライン
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

競馬歴10年。北海道在住。
好きな競馬場は札幌競馬場だがもっとも回収率が悪いのも札幌というジレンマを抱えている。

コメント

コメントする

目次